アイドルみたいな顔のJKがやってくると、固く信じていました。
でも、とんでもないおばさんが声をかけてきたのです。
キョトンでした。
なんでこのおばさん、僕の名前を知っているんだ?
思考回路が働かない状態です。
「よろしく、ホテルはあっち」
と言い出すのです。
えっ?なにこの人?
いったい何なの?
なにを言い出すんだ?
こんな人、知らないんだけど…。
とにかく、判断を下す思考が働きません。
ほとんど強引な形で、ホテルに連れて行かれてしまったのです。
これは援助交際の相手?
これが僕のセフレ?
しばし呆然と、そんな言葉が頭の中を反芻していました。

相手をすぐシャワーを浴びて出てくる。
今度は裸にされてしまう。
恥ずかしいんだけど、相手がおばさんなのに勃起してました。
そしてフェラです。
舐められたら当然気持ち良い。
これちょっと続けて欲しいな、そんな気分でした。
しかし、そんな気分もぶち壊し。
コンドームを着けられてしまったのです。
そして言われた一言が「挿入して」でした。
まるで事務的。
公務員的セックスとでも言いましょうか。
体には触れないようにと言われました。
そして挿入。
パコパコやってみました。
オマンコの穴の中は、やはり気持ちはいい。
しかしおばさん、完全にフリーズ状態。

喘ぎ声が出ませんでした。
あっという間の射精が終了。
すると相手は帰り支度。
「約束のお金を」
手を出してきました。
致し方なく援助交際の約束の2万円を支払いました。

 

 30分に満たない援助交際でした。
解散して、時計を見て驚きました。
いったい僕の身に、なにが起こったのか?
ツイッターの可愛い女の子のアイコンは何だったの?
全く、納得のいくものが一つもありませんでした。

 

 このことに関しての答えを提示してくれたのは、キャンパスの友人です。
「あのさ、それ素人じゃないよ」
「なにそれ?」
「援デリって言うやつ」
「なんだいそれ?」
「悪質な風俗業者。サービス精神皆無の」
「うそっ」
目が点でした。

 

定番サイト登録無料
セフレ募集サイトBEST5
割り切りの女の子を探してセフレにするなら